Skip to content
Ikkyu's-Journal-07-Feature

Ikkyu’s Journal #7 FIRST DREAM

SYNCANDI - Ikkyu's Journal 07

 

 

 

 

 

 

 

 

FIRST DREAM

I have experienced something very very important.

We did something together.

You and I.

Do you remember?

We are together in a lovely place all golden and warm.

We’re just floating there.

The two of us.

Our eyes are closed.

Like when we sleep.

What’s interesting is that I am experiencing this simultaneously from my floating body and from outside that body.

Then I notice that there are thousands of tiny tiny threads coming out of our bodies.

The threads are almost invisible, translucent.

But I can see them.

The threads are attached all over our bodies.

When I look closely I can see that there is some kind of liquid flowing through them.

The liquid is flowing into our bodies.

Gently pulsating.

It feels warm.

I can see that the threads lead into a giant tube that flows and wends its way into the distance.

Only you and I are connected to it.

The tube is filled with liquid.

The liquid gently flows.

The inside of the tube looks like a sandy clear stream in a forest.

When I look closely I can see tiny tiny creatures swimming in the stream.

The creatures have fantastic shapes.

They swim and frolic.

It seems that they are playing together.

I can’t stop looking at them floating and playing in the gentle current inside the big tube.

Then I turn and see that your eyes are open.

You are looking at me.

You gently float over to my sleeping body.

You reach out your hand and ever so gently remove a thread connected to my breast.

The thread floats up and away and a few drops of liquid begin to slowly float out of my breast.

You pull another thread.

And more drops flow.

One by one.

You remove the threads.

Soon there are many drops floating up and out of my breast.

Slowly you bring your mouth towards my breast and tenderly place your lips to where the drops are flowing and begin to gently drink.

At that moment my eyes open.

And I can see a smile on my face.

I move my hand and place it behind your head.

Then I woke up and discovered I was in an unfamiliar stone room.

 

JAPANESE TRANSLATION

初めての夢
このシーンでIkkyuは、無邪気な部分に話させている。初めての夢を見たことの興奮、恐れ、魅惑をコントロールすることの難しさに挑戦している。

(興奮しているが落ち着いた声)

 

私はとてもとても大切なことを経験した。

 

私たちは一緒に何かをした。

 

あなたと私。

 

あなたは覚えている?

 

私たちは全て金色で暖かいステキな場所で一緒。

 

ただそこで漂っている。

 

私たち二人。

 

目は閉じている。

 

寝ている時みたいに。

 

面白いのは、漂う体からとその体の外側からと同時にこの経験をしていること。

 

そして、私は何千ものとっても小さな糸のようなものが私たちの体から出てくるのに気付く。

 

その糸はほとんど見えない、半透明。

 

でも私には見える。

 

その糸は私たちの体中にくっついている。

 

近くで見ると、その糸の中を何かの液体が流れているのが見える。

 

その液体は私たちの体の中へと流れている。

 

優しく脈動している。

 

温かい。

 

その糸が遠くへ漂い進む巨大なチューブにつながっているのが見える。

 

あなたと私だけがそれにつながっている。

 

そのチューブは液体で満たされている。

 

その液体は優しく流れる。

 

チューブの中はまるで森の中にある砂底の透明な小川のよう。

 

近づいて見ると、その流れの中をとても小さな生き物が泳いでいるのが見える。

 

その生き物たちは素晴らしいカタチをしている。

 

泳ぎ戯れる。

 

生き物たちは一緒に遊んでいるみたい。

 

彼らが巨大チューブの中のゆるやかな流れを漂い遊ぶ姿から目を離せない。

 

そして私が振り返ると、あなたは目を開いている。

 

あなたは私を見ている。

 

横たわる私の体の上へと優しく漂ってくる。

 

あなたは手を伸ばし、とてもとてもやさしく私の胸につながる糸を取り除く。

 

その糸は浮いて離れ、数滴の液体が私の胸からゆっくりと浮き出てき始める。

 

あなたはまた別の糸を引く。

 

そしてもっとしずくがが漂う。

 

一滴ずつ。

 

あなたは全部の糸をとりのぞく。

 

すぐに、私の胸の上で、そして中からたくさんのしずくが浮かぶ。

 

ゆっくりとあなたは私の胸に口づけ、しずくが流れるところに優しく唇をつけ、ゆっくりと飲み始める。

 

その瞬間、私の目は開く。

 

そして自分が微笑むのが見える。

 

私は手を動かし、あなたの頭の後ろに触れる。

 

そして目覚め、見慣れない石の部屋にいることに気づいた。

 

 

READ IKKYU’S JOURNAL 08


Discover more from STUDIO SYNCANDI

Subscribe to get the latest posts sent to your email.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *